ユエヌアのブログ

陰謀論、都市伝説、映画。

ケネディ暗殺


ケネディとCIA


ピッグス湾の大失態をまざまざと見せ付けられたケネディは、当時の政府高官に彼が「CIAを粉々に引き千切って風に飛ばしてやりたい」ともらしていた・・・。


ビックス湾事件以来、数ヶ月間、CIAと大統領との間には、ぎくしゃくとした冷戦状態が続いていた。その間、CIAは「マングース作戦」カストロ打倒計画を進めていたが当初からケネディは、マグース作戦を秘密計画として控えめに進めなければならないと主張していた。

CIAはカストロが邪魔者であることをはっきり認め、カストロが暗殺されればホワイトハウスも感謝するであろうと判断していた。1961年10月、CIAはキューバにおいて破壊工作を進める為、10組のゲリラ攻撃チームを派遣することを決定した、ロバート・ケネディが、CIAのこの行動を知った頃までに、すでに3組の攻撃チームが派遣されていたが、CIAは司法長官の正式承認をえていなかったロバート・ケネディはのちにこれを思い起こして”激怒した”と語っている。ホワイトハウスはCIAの工作を知るや、ただちに対応策を決定するとともに断固とした態度を示している
10月30日アメリカが対ソ交渉に入っていた為、その間すべての破壊工作及び軍事作戦が中止された。
その後まもなく
マングース作戦も放棄されることとなった。


カストロ暗殺に失敗したアメリカ、”1949年の中国共産化以来、アメリカで訓練を受けたキューバ人部隊(2506部隊)によるビックス湾侵攻作戦が1961年4月に失敗した時ほど、アメリカとその同盟国に強い衝撃を与えた事はなかった。この屈辱から、ベルリンの壁、ミサイル危機、ラテン・アメリカ及びアフリカにおけるゲリラ戦、そしてドミニカ共和国への軍事介入へと発展、ビックス湾上陸拠点でのカストロの勝利によって、アメリカおよび自由主義圏の同盟国をおびやかす底なしのパンドラの箱を開ける結果に。これらの血なまぐさい破壊的出来事は、カストロさえ倒していれば決して起こらなかったはずであった・・・。

ざっつくり

絶対に成功すると言っていた作戦をCIAが失敗→ケネディは全責任を取らされる→CIAがほぼ独断でマングース作戦を実行→ケネディ激怒、CIAを解体しようとする→CIA内部の反感を買い暗殺される




見解

CIAは戦争を望みケネディはデタントによる平和を望んだ、この両者の対立にはCIA内部に通じ軍需で儲ける軍産複合体も絡んでいるだろう。